爪水虫・爪白癬は治療費と治療期間はどれ位?保険適用はされるのか?

爪水虫 爪白癬 治療費 治療期間 保険適用

「爪水虫」の治療には時間がかかる為、治療費の心配をされている方も多いと思います。
今回はその治療費と治療期間、保険は適用されるのか、調べてみました。

⬇︎ちなみにこちらはクリアネイルショットという爪水虫・爪白癬の専用の塗り薬です!⬇︎
爪の奥までしっかり浸透し、今まで自宅では治せなかった爪水虫に効果あり!?
本気で治したい方には超おすすめなので、まずはバナーをクリック!!

・皮膚科を受診する場合

皮膚科では「爪水虫」の治療法として「飲み薬」が処方されるのが一般的ですが
体調との関係や妊娠中の方には「塗り薬」が処方されます。

保険も適用されます。(3割負担)

「爪水虫」の「飲み薬」は2種類あります。

「テルピナフィン(ラミシール)」
「イトラコナゾール(イトリゾール)」と言うお薬です。

お薬代の一例をあげてみます。

「イトラコナゾール」の服用法は「パルス法」といい
1日8錠を7日間服用し3週間休むサイクルを3回繰り返します。

なので治療期間は3カ月ですが、薬を服用する期間は3週間なので
1か月分のお薬代は約10.500円×3か月=約31.500円

一方「テルピナフィン(ラミシール)」は6カ月間、毎日1回の服用で
1か月分のお薬代約4.300円×6か月=約26.000円

これはお薬だけの代金で肝機能への影響を調べる血液検査や途中の顕微鏡検査がある事と
お薬をジェネリックに変える事も出来ますので金額はあくまで目安です。

治療期間で見ると「イトラコナゾール」の方が短いのですが総治療費は高いですね。
しかし、続けられる事を考慮すると高くてもこちらを選択される方も多い様です。

HQReTqBpmIlh1B71470068316_1470068773

・「塗り薬」の「クレナフェン」

1日1回、1本で2週間使えます。1本約1,800円です。
治療期間は約12ヶ月で約24回x1800円=43.200円

その他診査などの費用も含め、約63.000円だそうです。

「爪水虫」の「塗り薬」での治療は時間がかかります。1年間を目安として…
もう少し治療費はかかりそうですね。

・市販の薬では?

一般的に効果が期待されている「ジェル」2つで比較してみました。

1つ目は治療期間1年として約32.000円です。

2つ 目は約38.000円でした。

皮膚科よりは少なめですが、時間と根気は確実に必要となります。

「飲み薬」は基本的に皮膚科で処方される物なので市販では購入出来ません。

しかし海外から安く個人輸入出来る様ですが、これは絶対にやめてください。

副作用がある「飲み薬」を安いからといって自己判断で服用するのは危険です。
きちんとした医師の指導のもと服用する事が重要です。

やはり「爪水虫」は 「飲み薬」も「塗り薬」も時間とお金がかかります。

保険が適用されるので高額になる心配は無さそうですが
治療期間はそれぞれの症状で変わって来ます。

大事な事は「爪水虫」の早期発見と早期治療を心がける事の様です。

爪水虫・爪白癬を本気で治したい方は・・・

クリアネイルショット


爪水虫・爪白癬を本気で治したい方に圧倒的にオススメなのが「クリアネイルショット」!

こちらは「爪水虫・爪白癬の専用の塗り薬」なのです。
爪水虫・爪白癬の専用薬というだけあって非常に効果が高く、最強の浸透力を誇ります。

爪水虫・爪白癬専用の塗り薬は今までほとんどありませんでした。
そんな中、クリアネイルショットはまさに救世主。
なんと使用者の81%以上の方がクリアネイルショットの効果を実感しています。

これは良い効果を感じるのが非常に難しい爪水虫・爪白癬にとってはかなり驚異的な数字です。
しかも、月々わずか3000円程度で購入出来てしまいます。

爪水虫を本気で治したい方には絶対的にオススメ出来ます!
今すぐに行動しましょう!!
以下のバナーからクリアネイルショットの公式サイトへ行けます!!

▶︎爪水虫に『クリアネイルショット』

クリアネイルショット


クリアネイルショットの口コミや評判に関しては、こちらのバナーをタップ!

とは言え、口コミや評判も気になりますよね。
そんな方はこちらの記事を合わせてご覧になってみてください!

otBHh4u_jxcMOwc1469975243_1469976125


爪水虫・爪白癬に関しての総合記事は、こちらのバナーをタップ!

爪水虫や爪白癬に関しての総合的な記事もあります。
迷ったらこちらの記事をご覧下さい!

6IqME82FXuSK8bo1469977748_1469981300


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ