水虫の水泡型(水ぶくれ)の治し方と原因。おすすめの市販薬は?

水虫の水泡型(水ぶくれ)の治し方と原因。おすすめの市販薬は?

水虫の症状は数種類に分かれます。

その中で「水疱型(水ぶくれ)」という水虫の症状はとても厄介です。

そこで今回は水疱型水虫の原因や治し方、おすすめの市販薬を調べてみました。

・水疱型水虫の原因

長時間同じ靴を履いていたり、足を長時間洗わずにいて足の環境が悪い事や
水虫にかかっている家族がいると感染し水虫を発生させる原因になります。

特に男性は革靴、女性はパンプスとストッキングという
通気性の悪い状態のまま長時間いる事で感染した水虫菌(白癬菌)が繁殖してしまいます。

これは水疱型に限らず水虫の原因になります。

水疱型水虫の初期の症状は、足の指の間や土踏まずなどの柔らかい部分に
小さい水ぶくれができるのが特徴です。

時に激しいかゆみを伴う事もあります。
小さな水ぶくれが出来て、かゆみがある場合は水疱型水虫の可能性が高いです。

・水疱型水虫の治し方

水疱型水虫になってしまうと気になるのが

「水ぶくれを潰して良いのか?」という事ですよね。

水虫で水ぶくれが出来ると、その液体にも水虫菌がいると思いますよね。

しかし、実際水ぶくれの液体には水虫菌はいないそうです。

なのでその液体が原因で感染する可能性は低くなります。

水ぶくれは、基本的に潰さないまま治療する事が望ましいです。

もし、水ぶくれが豆粒くらいの大きさになった時には潰してしまいましょう。

これは放置したままで水ぶくれが潰れてしまった場合に、雑菌が付着してしまうと
さらに悪化してしまうからです。

そして水ぶくれを潰す時は、お風呂上がりの清潔な環境で行いましょう。

清潔なガーゼ、消毒した針、消毒薬を用意し手も清潔にして行なって下さい。

決して皮を剥がさず針で穴を開けゆっくり液体を出します。これも雑菌から患部を守る為です。
最後に消毒をし治療薬を塗ってガーゼでしっかりと保護して下さい。

では、治療薬はどんな物が良いのでしょうか?

・おすすめの治療薬

水虫の治療薬は様々な種類が販売されています。

水疱型水虫にはクリームタイプやジェルタイプの治療薬が向いています。

水疱型水虫の場合、水ぶくれの部分だけではなく足の裏全体に塗る事で
水虫菌に効果が期待されます。

水虫菌は足のどこに潜んでいるのかわかりません。

水ぶくれの部分だけを治療しても他の部分に水虫菌がいたら
再発を繰り返し症状は重くなってしまいます。

なので、のびの良いクリームやジェルタイプがおすすめです。

症状が良くなって来たからと直ぐにやめず1,2ヶ月は治療薬を持続して下さい。

これはどの治療薬にも言える事なのでご注意を。

そして数ある治療薬の中でも今、水虫に効果が高いと話題なのが「クリアフットヴェール」です。

クリアフットヴェールはジェルタイプの治療薬です。

従来の治療薬と違い水虫菌が繁殖しにくい肌へと環境を整えてくれます。

効果的な治療薬はたくさんありますが、どれを使ってもダメ、言う方には特におすすめです。

ネットでのみの販売なので直接自宅に届き、女性の方で人目を気にせず使用出来ます。

気になる方は1度公式サイトをご覧になって下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ