水虫の治し方で簡単な方法として、お酢や緑茶・塩が効果あり?

水虫の治し方で簡単な方法として、お酢や緑茶・塩が効果あり?

女性用

水虫は日常生活の中で本当に厄介なものです。

そして色々な水虫対策がネットなどで紹介されていますね。

その中でも今回は、「お酢」「緑茶」「塩」について調べてみました。

では、早速いってみましょう。

・お酢

お酢を使う水虫対策は何種類か方法がある様です。

1)希釈法

40度前後のお湯と酢を用意し酢を5~10倍に薄め洗面器やボウルに入れます。
そこに毎日30分~60分程度足全体を入れます。足の皮がむけるまで、毎日行います。

2)原液法

希釈法と同じく足全体を浸す方法です。この場合希釈せず原液を40度程に温めます。
そこに足を入れて10分程浸します。原液の為、刺激が強いので皮膚の弱い方は注意して下さい。

3)ビニール袋活用法

40度前後のお湯にお酢を5倍に薄め、二重にしたビニール袋の中に入れます。
足首まで液に浸し足首をゴムで止め、その上から靴下を履きます。
6時間~7時間ほど過ごします。時間が経ったら、足をよく洗い流し乾燥させて下さい。

4)綿棒湿布法

水虫の初期症状によく使われる方法です。
湯上りにお酢の原液を綿棒に湿らせ水虫の患部に塗布します。

5)スプレー法

お酢を水で希釈した液体を市販のスプレー容器に入れ、水虫の患部にスプレーします。
足を清潔にした後に行って下さい。

お酢の水虫対策を何種類か紹介しました。

しかしお酢は刺激が強いので返って炎症を起こしてしまう事もあります。
ネット上に民間療法として紹介されている方法なので注意して行って下さい。

先ほども触れましたが、皮膚の弱い方は炎症を起こしてしまう事もあるので
治療の補助的に考えておく程度で良さそうです。

・緑茶

緑茶の成分であるカテキンに、殺菌効果があるのはよく聞きますよね。
それを利用して緑茶に足を浸す事で効果が期待されます。

また茶葉を靴下に入れ足に直接茶葉が触れる方法もあります。

こちらも個人差があり水虫の症状によっては効果がない可能性もあります。
患部の様子を見ながら行って下さい。

・塩

古来より塩は消毒効果があり色々なものに使われています。

その特徴を利用して、初期の水虫に効果が期待されるそうです。
直接塩を付けるのではなく、洗面器に50gほどの塩を溶かし足を浸します。

この時重要なのが必ず「天然塩」を使用する事です。

天然塩のミネラル成分の消毒効果が菌の増殖を抑えてくれるのです。
精製塩は薬品が残っている可能性があるので、水虫の傷には良くない様です。

この方法を毎日30分行いましょう。

塩は殺菌効果はないものの、菌の増殖を抑えてくれる効果が期待されます。

注意点は、初期の水虫対策なのでジュクジュクとした水虫は傷口が痛みますし
症状が悪くなってしまいますので注意して下さい。

いかがでしたでしょうか?

どの方法も初期の水虫に効果が期待されるという方法でしたね。
とにかく、水虫には清潔な環境が第1です。

その上でご紹介した方法を試されてはいかがでしたでしょうか?

 

というわけですが、クリアフットヴェールは以下のリンク・バナーから購入する事が出来ます。
本気で治したい方は今すぐ行動を!!

▶︎女性でも安心!『クリアフットヴェール』

女性用

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ